Selvedge denim – セルビッジの生地

We utilise 14oz selvedge denim from small weaving mill in Okayama, Japan.

アレヴォルでは、岡山で生産された14オンスのセルビッジデニムをジーンズのファブリックとして使用しています。

—–

It was very hard to choose this particular denim, from hundreds of different types of fabrics (weight, texture, construction, colour, also different types of weaving, colouring and dying process).

この生地を選ぶまで、正直色々悩みました。 たくさんの違う生地を見比べると、最終的にどれがいいか、わからなくなるのが本音です。 重さ、テクスチャー(触り心地)、どのように編まれているか、色、染め方、などなど、学ぶ事はたくさんありました。

—–

selvedge denim

selvedge denim

What I believe is that the fabric gives beautiful indigo fading/aging effect, that’s the only reason that I have chosen this fabric (Please see our website “How to wash jeans“, you will enjoy the process of indigo fading colour, depending on how you wear and wash). Actually, I really regret that I didn’t use calculator that time, as it is one of the most expensive for this vintage effect types.

I just didn’t use my brain, but just followed my heart.

Next time though, I’ll take my laptop, and open excel sheet before I decide which fabric to use…

今使用している生地を決める理由は、 「インディゴ色の落ち方が一番綺麗で自然だったから」という理由につきます。 これは、アレヴォルのウェブ(ジーンズの洗い方)を見てもらうとわかるかと思いますが、洗い方、そして履いている人によって違った、ヴィンテージのようなインディゴ特有の色の落ち方が楽しめます。

そして、このタイプのセルビッジの生地は他にも色々(写真を見たらわかるかと思いますが、これでも一部です)ありますが、結構良い値段のするものを選んでしまいました。 正直、「何で計算機使わなかったんだろ」って自分を後で疑ったほどです。頭で考える事よりも、心臓がちょっとドクドク高鳴ってました、色落ちのサンプル見てた時。

この次はですね、ノートパソコン持って、エクセルのシートを開いた状態で生地決めます。

Advertisements
%d bloggers like this: