Yohei Miyake

次は選挙に行こうって思わせられます。

ロンドンの領事館で選挙かな、、、。

歌も上手いし(35分くらいから)、ライブにも行ってみたいです。

Advertisements

The Jon Brion Show – Feat. Elliott Smith / Brad Mehldau (’00)

 

生きているうちにコンサートに行きたかったなぁ、、、。

多分こんな才能のある人もう出てこないんじゃないかって思います、最近。

イギリスではここ2、3週間とても暖かい(暑い!)日が続いています。

もちろん日本よりも湿気が少なく、過ごしやすいですが。

そろそろ日本の夏祭りに行きたくなってきたと同時に、井上陽水さんの少年時代が20年前以上の曲と知り、ちょっと年をとったなっと。

夏を涼しく感じさせてくれる声だと思います。ロンドンでは必要ないかな、、、

Lucy Rose

ローラマー リングといい、こういうインディー系の女性が一杯出てきていいですね、UKは、、、。

声に、音に、すごく良いです、、ラジオで彼女のインタビューを聞いたんですが、ラジオも捨てたもんじゃないですね、、、。

この曲が一番好きかな、、、
声が聞いていて気持ちいいですね、、、

the xx angels

次のアルバムが楽しみです、、、。

Promise me…

僕がそうい年だからかもしれませんが、結婚式をあげる人が回りに多くなった気がします。

そういう人に捧げたい曲。

(っていうかこういう人を才色なんとかっていうんですよね、、、。)

(っていうか2、最近日本語がやばいです、、、。 ちゃんとした英語も読まないので、英語もやばいです、、、)

You light up another cigarette
and I pour the wine
It's four o'clock in the morning
and it's starting to get light
now I'm right where I want to be
losing track of time
but I wish that it was still last night
You look like you're in another world
but I can read your mind
how can you be so far away
lying by my side
when I go away I'll miss you
and I will be thinking of you
every night and day just ...

Promise me you'll wait for me
'cos I'll be saving all my love for you
and I will be home soon
Promise me you'll wait for me
I need to know you feel the same way too
and I'll be home, I'll be home soon

When I go away I'll miss you
and I will be thinking of you
every night and day just ...

Promise me you'll wait for me
'cos I'll be saving all my love for you
and I will be home soon
Promise me you'll wait for me
I need to know you feel the same way too
and I'll be home, I'll be home soon

Wilco – Nothing’severgonnastandinmyway(again)

I love this song… Great pop positiveness…

この曲大好きです。 このポップ感とプラス思考な歌詞、、、

Wilcoは僕の大学の時のフラットメイトが好きで良く聞いてました、、、懐かしい。 もう10年位経つかなぁ、、 はやぁっ!!!


“Nothing’severgonnastandinmyway(again)”

Well find a way regardless
To make some sense out of this mess
Well, It’s a test, but I believe
A kiss is all we need
All the above for being in love
Shouldnt that alone be enough
Oh, It’s tough when loves a weed
It grows inside of me

Nothings ever gonna stand in my
Nothings ever gonna stand in my
Nothings ever gonna stand in my way again

Waste the days, waste the nights
Try to downplay being uptight
Oh, youre right, but I believe
A kiss is all we need

Nothings ever gonna stand in my
Nothings ever gonna stand in my
Nothings ever gonna stand in my way again

A watch that ticks is wrapped around my wrist
(Oh no)
I’m a bomb regardless
(Oh) I’m a bomb regardless
(Oh) I’m a bomb regardless
(Oh) I’m a bomb regardless
(Oh)

Well find a way
Well find a way
Well find a way

Nothings ever gonna stand in my
Nothings ever gonna stand in my
Nothings ever gonna stand in my way again

Nothings ever gonna stand in my
Nothings ever gonna stand in my
Nothings ever gonna stand in my way again

This is England

I’ve seen this film (This is England) when it was out a while ago.

結構前の話ですが、この映画を見ました (1度目は確か、2,3年前だったような)。

Few years ago when I watched first time though, I was following story, like anymore else does. This time, I was more concentrating on their clothing, especially jeans. If this film is based on 1983 when the falkllands war took place, those mods/skinheads should be wearing selvedge jeans, but they weren’t. These jeans didn’t look vintage at all unfortunately. Considering the fact that the film was sponsored/endorsed by British film council, they might not have had the budget to spend expensive vintage jeans… Well, the film is great, so I shouldn’t complain!!!

I also found this song beautiful.

数年前に始めて見た時は、ストーリーをフォローしていたんですが、今回は俳優たちのファッション (特にジーンズ)を気をつけて見てみました。

もしこのストーリーが1983年のフォークランド戦争時を描いているならば、 このスキンヘッド・モッズ達はセルビッジのジーンズを穿いているはずなんですが、誰一人穿いていませんでした。 ブリティッシュカウンシルスポンサー(主催)の映画なので、予算がなかったのかもしれないですね。 そんなヴィンテージのジーンズにお金なんてもったいないですし、、。 でも映画は最高に良いので文句なしです!

あと、上の二コールという曲がすごく良かった。 ブリストル出身のバンド(今はソロ?)らしいですが、、。

あと全く関係ないんですが、フォークランド紛争ちょっとウィキペディアで調べてみました。

っていうか、こんな遠い所まで、、

Falklands

Falklands

How far is this island from UK…? But Japan went to Hawai to fight a while ago…. We have similar sprits….

かなり遠いですね、、、。 でも、日本もハワイに攻めに行きましたしね、ちょっと前に、、、。

The original from the Smiths, but this cover is also beautiful…

オリジナルはスミスの曲ですが、この曲も凄くよかった、、、。

Good singer

He is excellent… I want to see something more “him”, rather than too much Whitney Houston going on though…

凄いですね、、、まじで。 でも、もっと「彼」の歌が聞きたいかも。 最初に目を閉じて聞いたらホンモノと思います (僕の奥さんは、「なんでベタな曲を聞いてんだろ?」っと台所で思ったそうです)。

joyous

I was lucky to be at Joyous‘s gig at Bull & Gate in Kentish Town a white ago.

I’ve seen many indie bands, but it was easily the one of the best performance I’ve seen in the last few years.

All songs have beautiful melody, nostalgic pop and each member are beautifully engineered playing their part.

Quite honestly, they will be massive in Japan!!!

数日前ですが、ジョイアス(JOYOUS)というバンドのギグをケンティッシュタウンのパブで見ました。

イギリスで生活する今まで、結構な数のインディーバンドを見に行ったんですが、その中でも1,2を争う良さでした。

全ての曲がノスタルジックなメロディーを持ち、メンバー全員がとても個性があり、また自分のパートを上手くプレーしてました。

多分、日本では間違いなく売れると思います。 今年から幾つかのギグに参加する予定なので、見にいける人は是非。 お勧めです。

David Harris

David Harris

Liam Looney

Liam Looney

Kieran Mcloughlin

Kieran Mcloughlin

Dan Findell (Keyboards) & Dan lawinski (Bass)

Dan Findell (Keyboards) & Dan lawinski (Bass)

My shot of the day…

この日のベストショット(って僕が勝手に思ってるだけですが、、、)

the shot of the day

the shot of the day

I really enjoyed and thank you Joyous…

ジョイアス(日本語では「楽しさ」とか、「喜ばしい」っというような意味でしょうが)、バンドの名前のとおり、楽しいひと時でした。

どうもありがとう。

Joyous

Joyous