Helmstyle

I have started a new project, or web magazine called Helmstyle (http://helmstyle.com/) and been extremely busy (and I’m sure you can tell, as I haven’t put any post for over 10days apart from youtube thing?)…

I can certainly say that I’m all over the place, yes I know…

Anyway, these are the photos that I have taken for Allevol branding. Hope you guys like them.

最近、Helmstyle (ヘルムスタイル)というウェブマガジンを友人と創めました。 そのせいか、凄く忙しいです (ブログが更新できてないのもそのせいです)。

皆さんもし時間がありましたら、是非見て下さい。 スタイル(スタイリッシュかな?)がテーマになってます。

ここ最近だと、アレヴォルのブランディング写真の撮影を行いました。 こんな感じです。


Advertisements

Borg vs McEnroe (Wimbledon Classic 1981)

ウィンブルドンが始まりましたね。 僕は、個人的に、ボーグとマッケンローの試合、そしてライバル関係が一番好きです。

 

ナダルがあと2,3歳くらい年だったら、フェデラーとの決勝対決で常に勝っていたと思いますが、、。膝が良くなっている事を願います。

Allevol jeans nearly done

Nice…
ここまでくると良いですね。 

Time to take Sunset photo

夕日が綺麗な季節になりました、、、。

これから、少しブログのアップの頻繁さが、さらに悪くなる(っていうんでしょうか?)と思います。

すいません。

scooter culture

There is something we cannot change, the time.
The time changes, we all change, but something important still stays the same.
Scootering could be one of them…

時間は変えることができないし、時間が過ぎる事によって、みんな何か変わっていくと思います。
でも、スクーターに乗って友人と過ごす時間って変わらないし、それは、昔と同じものかもしれません。

This slideshow requires JavaScript.

It seems that everyone here is around 4,5oyears old.
They experienced the mods, skinhead culture in real time.
Some may put a bit of weight (well me too!), having a couple of children, and working really hard during the week.
But today though, everyone had same eyes that were in 70-80s.
Sometime we all forget what’s important in your life.
Spending with your scooter and beloved mates, perfect Sunday.
大体、みんな4,50歳位でしょうか。 
スキンヘッド、モッズのカルチャーをリアルタイムで経験した人達。
ちょっと太って(僕も人のこと言えませんが)、多分、子供も2,3人いて、普通はばりばり働いているんでしょう。
でも、今日この日曜日はみんな目がキラキラ光ってました。
大好きなスクーターに乗り、親友らと過ごす、最高の日曜日。
 

Anzenchitai

日本って結構凄いシンガーソングライターがいると思います。 そりゃ、6,7,80年代のイギリスには勝てないでしょうけど、、。
玉置浩二さん、ファンです。 歌が本当に上手い、、、。

昔はヴィジュアル系だったんですかね?

Sumiyoshi

住吉の皆さんへ、

お元気ですか?
今回の日本滞在楽しく時間を過ごす事ができました、ありがとうございます。
で、寄付はどの位できてるんでしょうか、、、。 
まだ、誰からもメールがありません。
100円でもいいんです。 
送ったよ、とメール下さい。
待ってます。

one of the favorite songs

こういう、普通に良い歌詞で、メロディー曲で、歌って、って凄いと思います。
最初から考えてないと出来ない。 素晴らしく才能のあるバンドなんでしょう、、、。
ちょっと地味な感じが大好きです。